守成クラブ

守成とは

『創業は易し、守成なり難し』「貞観政要」という中国の書物から引用した「創業守成」(守成は創業より難し)、同時に「先祖の完成した事業を受け継いで守っていく」とする守成(史記)の言の2つを基に伊藤小一創設者が命名しました。

守成クラブの理念

「かけがえのない会社を潰してはならない」
この一点を貫き運営されている商売交流の全国組織です。 単なる異業種交流とは違い、商売繁盛」を前面に打ち出し、「本音で自社をPRし、互いに商売(実利)に徹して売上を伸ばす」ことを第一の目的としています。

会員同士が力を合わせ互いのマーケットを拡大すると共に、互いの商売繁盛を目指し実利に徹した商談を積極的に行うものです。しかもそのネットワークは全国規模に広がっています。

守成クラブの活動

「自分たちの市場は自分たちで創る。」毎回大勢の参加者が集うことは、お互いにビジネスチャンスを広げること。

毎回新しい参加者と出会えることは、互いのマーケットが更に広がること。初めて出逢う多数の経営者と交換した1枚の名刺…。その名刺からやがてビッグなビジネスチャンスが生まれます。ビジネスは、行動なければ結果も生まれない。

さぁ、あなたも経営者として踏み込んでみませんか。

あなたの行動力と決断力をもって守成の扉をあけてください。がんばってる仲間が、がんばるあなたを待っています。

仕事バンバンプラザとは

驚きと実利とパワーがここにはあります。

「安心を売る」
「夢を売る」
「スピードを売る」

仕事バンバンプラザでは余計な議論や不要な会議方式をとらず、互いに売上アップに直結させる実利に徹した運営を行います。勿論、上記の3要素に即した例会を行っています。

中小企業経営者が自ら運営する例会「仕事バンバンプラザ」は、ビジネスチャンスを自ら求める積極的な経営者並びに経営者に準ずるトップが集う商談交流会です。

例会は、全国の主要都市で毎月1回開催されています。正会員になると全国どこの会場でも参加でき、地域を越えたビジネスマッチングが可能になります。

仕事バンバンプラザは、自社PR、参加者全員との名刺交換会、ブース出展、車座懇談会、商談懇親会などを通して企業トップ自らがビジネスチャンスを広げていけます。

会員は経営者トップであるだけに、素早い反響反応が期待でるのも特徴です。会員のビジネスの繁栄発展を直接的に実践するステージ(場)が仕事バンバンプラザです。したがって、ここには、地域の既存経営者団体にはない商売繁盛の“がんばれ精神”が満ち溢れています。

地域を越えた商談成功例やコラボレーションが全国の会員間で行われています。また、その内容報告を聞くと私達自身が驚かされることもたびたびです。

仕事バンバンプラザの内容

・名刺交換会…参加者全員と一度に名刺交換を行います。

・ゲスト紹介…新しい仲間を毎回紹介します。

・自社自己PR…自らをアピールできます。

・宣材配布…会社や商品のPRパンフなど宣伝物の配布ができます。

・ブース出展…会場にて直接商品の販売やPRもできます。

・車座商談会…円卓にて数人のグループで自己&商品紹介。

・商談懇親会…更に懇親の場で人脈を広げます。即座に商談も可能です。

守成クラブの約束 6項目

1. 入会は、会員の紹介が必要です。

2. 健全なる会運営のために、政治的、宗教的かつ非社会的な活動を目的として入会することはできません。

3. 仕事バンバンプラザは、中小企業の経営者及びそれに準ずる方で運営されております。

4. 仕事バンバンプラザへのゲスト参加(社長およびそれに準ずる方)は大いに歓迎されますが、同一人物の参加は一回のみとさせていただいております。

5. 仕事バンバンプラザの良いところは、正会員になってどんどんビジネスチャンスを広めることに尽きます。ひと汗流して会員から一日も早く正会員になりましょう。

6. 一人はみんなのために、みんなは一人のために。

守成クラブの概要

会員数10万社をめざし全国都道府県、240会場を越える拠点にて定期的にクラブ運営が行われています。(2023年6月現在)

創設 平成14年4月創設(北海道札幌にて創設)
会長 守成クラブ全国連絡協議会会長 藤原光啓(守成クラブおかやま後楽会場)
創設者 伊藤小一((株)日本商工振興会代表取締役会長)
住所 札幌市中央区南7条西5丁目東カンビル4F (株)日本商工振興会内 https://www.sho-ko.co.jp/